不動産名義変更の手続きが多岐にわたる場合はどうすれば?

不動産名義変更について学べるブログ

複数の不動産名義変更が必要なときは行政書士に依頼するのもアリ?弁護士を含めたプロへの依頼の利点について説明します。

新着おすすめ記事

不動産名義変更の手続きが多岐にわたる場合はどうすれば?

同じ不動産名義変更でも対象となる物件が多岐にわたって複雑なときは、行政書士の手を借りるのがいちばんです。

弁護士への依頼も含め考えてみましょう。

■不動産名義変更の手続きだけなら。

不動産名義変更、遺産相続手続きには多くの申請書類が必要になります。

抵当権の抹消や登記などを、1物件ずつ行ったり、戸籍謄本や住民票などの入手も必要になったりします。

不備があると申請手続きに行っても受け付けてもらえません。

そのようなことから、自分で不動産名義変更を行う時間のない人、効率よく確実に終わらせたい人などは行政書士に一括してお願いしています。

■法定相続人が多岐にわたり厄介なときは。

故人が遺した不動産が複数あって、しかも法定相続人が家族を含めて何人もいる場合などは、司法書士に依頼するのが早道です。

もめ事が起りそうな場合、協議を開いてもなかなか意見がまとまらない場合などは、弁護士に依頼して事態の打開策を提案してもらうこともできます。

弁護士には、遺産相続や不動産名義変更、それらに関する紛争解決を専門にしている人もいます。

弁護士によって得意なジャンルがあるので、知り合いなどの伝を頼って紹介してもらうのが良いでしょう。

■司法書士と弁護士の違いを知っておくと便利。

通常の不動産名義変更・遺産相続の手続きであれば司法書士に依頼するだけで十分です。

故人に顧問弁護士がいる場合は、引き続いてお願いするのがいちばんです。

そうしたつながりがなく、不動産名義変更の手続きだけであれば、複雑でも司法書士が面倒をみてくれます。

トラブルに発展しそうなときは弁護士に依頼しましょう。

Copyright 不動産名義変更について学べるブログ. All Rights Reserved.